カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元プロ野球選手の犯罪
 阪神優勝が決まりそうなその日、さいたま地裁で、強盗殺人の罪に問われた元プロ野球選手(ロッテ)小川博被告に対する無期懲役の判決が言い渡された。その量刑の適否はともかく、その判決理由の中で、「元プロ野球選手が起こした事件で社会的影響が大きい」とあったのが気になる。      言うまでもなく、プロ野球選手になるのは、それが好きであり、脚光を浴びたり、大金が手にはいるという可能性があるからで、別に社会正義を広めていこうとして選択するわけでは決してない。
 社会的影響といっても、主にメディアが話題性のあるできごととして大きく取り上げるだけであって、その結果犯罪が増えるわけでもないし、裏切られたと怒る人もないだろう。
 なのに、元プロ野球選手の「社会的影響」をもってして罰が重くなったとしたら、それはいかにも不合理ではないか。「法の下の平等」を謳った憲法14条に抵触する恐れも否定できない。裁判所の大衆迎合化が気になる。小さなニュースだが見過ごすわけにはいかない。
スポンサーサイト
かわいがって下さい
 嫌IT・嫌ネット社会人間の私がブログを開設する・・・社会が変わりつつあることの何よりの証左かな。敵の陣地に果敢に突入するような気分です。                                 日本人はあまり議論は好きではありませんでした。でもこのごろテレビなどでも盛んに議論・討論が行われています。でも、その議論がしばしばかみ合っていないことに、イライラした経験はありませんか。このブログでは、ことの是非を論じるよりも、議論の交通整理をできるだけしていきたいと思っています。1面記事から3面記事、さらにはスポーツ欄にいたるまで、メディアとはちょっと違った眼で事象をとらえていきます。
 ブログ土俵におどおどと足を掛けました。かわいがって下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。