カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「負ける」という体験
 スポーツファン、それも弱小チームを応援する人は、人間性に幅と深みが増すと、私は確信する。今年脚光を浴びたロッテ応援団も、長年の敗戦体験(連敗日本記録もある)がそのマナーの良さを育てた気がする。実際マリンスタジアムの雰囲気は、負け試合でも実にほのぼのとしている。去年今年と、2位チームに優勝をさらわれたホークスファンの悔しさのほどは容易にわかるし、日本シリーズで惨敗した阪神のファンが、憤りに近い情けなさを抱いたことも想像に難くない。しかし両者ともその事実を受け止めざるを得ないし、上手に受け止めていたように見えた。幼児にゲームをさせると、負けを受け入れられない子が中にいる。負けの体験は、大人になる必須要件なのだ。
 一方、負けをほとんど体験していない者もいる。その一つは、株式の大量取得や企業買収で世間を賑わせている、いわゆるヒルズ族である。彼らのコメントを聞いていると、どうも話に幅と深みがない。もう一つは、飛躍するようだがアメリカという国だ。しかし考えてみればアメリカは建国300年余りの国。大統領の言動が幼児的に見えるのもやむを得ないのかもしれない。                      もっともこんな論評も、彼ら「勝ち組」からは「負け犬の論理」と嘲笑されるだけかもしれないが。

スポンサーサイト
アンチ東京、新旧交代(その4)
 今、あらゆる分野での東京一極集中が進み、東京に富が著しく集積している。いびつというほかない。無原則な規制緩和政策の結果だが、もう一つには、東京的価値の画一化が背景にあるように思う。もう少しさまざまな生き方やあり方、個性といったものを大切にする必要がある。 今回たまたま脚光を浴びることになったが、スター選手もいず、成績も悪く、さほど世間も目に留めてくれない、にもかかわらず熱心に応援し続けたロッテファンの姿に、東京一極集中を阻む、「真のアンチ東京」のヒントがあるように思う。
アンチ東京、新旧交代(その3)
 千葉ロッテが韓国のサムスンを倒して、日本一からさらにアジアチャンピオンの座にもついた。プロ野球人気が、「東京・権力の象徴」としての読売巨人と「アンチ東京・アンチ権力の牙城」阪神を軸に隆盛してきた。しかし、今年の王座千葉ロッテはその軸から全くはずれたところに存在する。
 考えてみれば、フランチャイズが分散し、福岡、札幌、仙台とそれぞれに成功していることからも、巨人ー阪神、東京ー大阪の対抗軸を過剰に重視するのは、もはや時代遅れといわざるを得ない。巨人か阪神かの選択から、12球団それぞれに目を向け、それぞれの魅力を楽しむというあり方に転換する時期だと思う。そしてそのことこそ真のアンチ巨人であり、プロ野球全体の人気上昇につながるものと確信する。残念だが、今のようなシーズンオフに作られるスポーツ新聞の中身に、あきれることがよくある。活字の大きさに比して内容の貧弱なこと。関東では巨人、関西では阪神をネタにすることだけで売ろうとしている。もう少しジャーナリズムの名に値する新聞づくりを目指してもらいたい。
[READ MORE...]
アンチ東京、新旧交代(その2)
 アンチ巨人イコールアンチ東京・反権力の象徴として人気を博す阪神タイガースも超人気薄弱小球団であるロッテに惨敗しました。ビッグ巨人がペナントレースでぶざまな姿を見せ、その対抗勢力を自認する阪神も日本シリーズでズッコケル・・・。皮肉なことですがここがスポーツの良さであり面白さでもあります。
 昨年、近鉄・オリックス合併問題に端を発した球界騒動で、巨人を球界盟主とし、その人気に頼る構造にメスが入れられました。その後の改革への歩みは不十分とはいえ、「12球団の共存共栄」というコンセプトは多くの人の共鳴するところとなりました。
 巨人の低迷とは裏腹に、今、東京の富の集積には驚異的なものがあります。名古屋地区などの例外はあるとはいえ、経済的に東京の一人勝ちの状況が著しく、地方では景気回復の実感からはほど遠いものの、東京では地価の上昇も伝えられています。市場原理の強化・規制緩和の結果です。
 <続きは次回>
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。