カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチ、ブーイング
千葉ロッテの清水直行がまた打たれた。そしてベンチに下がるとき、観客席から大ブーイングがあったことを翌日のスポーツ紙で知った。確かに、勝ち星なしの5連敗で、しかも序盤での失点が多く、ファンのいらだちが高まっているのは理解できる。
しかしブーイングとはどういうことだ。自分の応援するチームのエースに対して・・。懸命に取り組みながらも成果のでない現状に、最も苦しんでいるのは彼ではないか。そもそもロッテファンの神髄は何だったのか。かつて18連敗したときも選手を責めることなく、励まし続けたというあの伝説はもう過去のものになってしまったのか。あのころのロッテは弱小で注目されることもなく、スタンドのファンも少なかった。けど優勝で注目もされ数も増えたが、こんなファンが主流になったのなら残念だ。
アメリカから輸入された習慣かも知れないが、ブーイングを浴びせるべき対象はもっと他にある。傲慢でも怠慢でもない選手へのブーイングはやめてもらいたい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。