カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感激、パ・リーグ完勝
 セパ交流戦も今夜の1試合を残しすだけになりました。そしてパ・リーグ全チーム勝ち越し、1位~6位までの上位独占が確定しています。長年ロッテ(毎日→大毎→東京→ロッテ→千葉ロッテ)ファンであり、パ・リーグファンでもあった筆者としては、これほど嬉しいことはありません。
 長年パ・リーグは軽視され、冷笑されてきました。「ガラガラのスタンド」「粗雑で力任せの野球」などなど、一般の野球ファンのみならず、専門家である解説者まで絶えずそうした決まり文句で評論し、メディアの扱いも、まるでパ・リーグはマイナーリーグであるかのようでした。
 老舗であることに加え、新聞社系列であることを利用して人気を取ってきた読売ジャイアンツと、それを「中央権力」に見立てて、「反権力」「反中央」の旗頭として人気を博してきた阪神タイガースが常に脚光を浴び、メディアにその名を踊らせてきたのです。
 とくに昨今は、読売がやや斜陽気味なのに比して、阪神の勢いは益々で、スポーツ紙は1面から3面はもちろん、しばしば4面までも独占するし、関西局のテレビは、関西の人間は皆阪神ファンであるかのような扱いです。「地元球団を贔屓にするのはどこでも同じ」というのかも知れませんが、それならオリックスももう少し扱うのが筋というものでしょう。
 筆者はもちろんパ・リーグの球場へ行くことが多いものの、交流戦その他でセ・リーグの球場へ足を運ぶことも少なからずあるのですが、かなり以前から、パ・リーグの球場では「観に来て頂いている」という意識が感じられ、セ・リーグの球場では逆に「見せてやっている」という感じを受けていました(最近はセ・リーグも少し変わってきたが)。地道な努力が実って少しずつパの観客が増えてきたのも嬉しいことです。
 筆者は何もセ・リーグを貶めたいと思っているわけではありません。誤解や偏見で素直に物事を見ず、脚光を浴びるところに阿てさらに光を当てるメディアの現状に疑問をもつし、専門家としての学習をろくにしない解説者などのコメンテーターに腹立つのです。
 今日本の政治・経済・社会も転換期だと言われます。今まで目立たなかったが地道に努力してきた政治集団や企業、そして個人が、正当に評価され注目される時期に来ているのかも知れません。交流戦のパ・リーグ完勝は何やらそうした変化を象徴しているように思えます。



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。