カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチ東京、新旧交代(その3)
 千葉ロッテが韓国のサムスンを倒して、日本一からさらにアジアチャンピオンの座にもついた。プロ野球人気が、「東京・権力の象徴」としての読売巨人と「アンチ東京・アンチ権力の牙城」阪神を軸に隆盛してきた。しかし、今年の王座千葉ロッテはその軸から全くはずれたところに存在する。
 考えてみれば、フランチャイズが分散し、福岡、札幌、仙台とそれぞれに成功していることからも、巨人ー阪神、東京ー大阪の対抗軸を過剰に重視するのは、もはや時代遅れといわざるを得ない。巨人か阪神かの選択から、12球団それぞれに目を向け、それぞれの魅力を楽しむというあり方に転換する時期だと思う。そしてそのことこそ真のアンチ巨人であり、プロ野球全体の人気上昇につながるものと確信する。残念だが、今のようなシーズンオフに作られるスポーツ新聞の中身に、あきれることがよくある。活字の大きさに比して内容の貧弱なこと。関東では巨人、関西では阪神をネタにすることだけで売ろうとしている。もう少しジャーナリズムの名に値する新聞づくりを目指してもらいたい。
 今、地域の勝ち組として東京だけが突出して経済を発展させ、富を集積している。その構造はあまりにもいびつで健全とは言えない。それを変えていくには日本全体が東京的価値に画一化されるのではなく、さまざまな生き方、あり方、個性を大切にしていくことが必要だ。そこにこそ真のアンチ東京がある。スター選手がいなくても、弱くてなかなか勝てなくても、一生懸命応援してきたロッテのファンの精神に、東京一極集中を阻むヒントがあるような気がしてならない。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://t44.blog27.fc2.com/tb.php/10-221fd592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。