カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローの不調
イチローの調子が上がらない。マルチヒットが続いてやっと本調子かと思うとまた無安打のゲームが続くなど、安定したヒット生産体制になっていない。
何人かの国内選手と同様、WBC出場で調整がうまくいかなかったという説もあるが、もうかなりゲーム数をかさねている。本来のイチローならここまで引きずるとは思えない。
原因は城島にあると筆者は考える。手元にデータがないので根拠を数字で示せないのだが、私の記憶では、松井秀がヤンキースに入団して華々しいデビューを飾った年や、松井稼がメッツに入団して活躍した時も、シーズン初めのイチローはあまり良い出だしではなかった気がする。
つまり彼は自分の後を追ってメジャーに来た日本人選手を過剰に意識するのだ。「孤高の人」と呼ばれ、我が道を行くと思われがちなイチローだが、実は逆なのだ。
日本一のスラッガー松井秀に対抗して、彼は「自分もホームランを打とうと思えば打てる」ということを見せたいと思い、確かその年ホームランを多く打ったように記憶する。そしてそのせいで当初打率を下げたため、途中からヒットねらいに修正したはずだ。
松井稼は、その能力をイチローも高く評価していた選手だが、走攻守そろった上にイチローよりも長打力があることに彼は気になっていたように思う。
イチローは日本人の野球選手で自分がナンバーワンだという強い自負心をもっていて、ライバルという存在さえ許し難いという思いがあるのではないか。だから彼たちが自分よりも目立った活躍をするとき、イチローの心底はは穏やかではないのである。
今年同じチームに、イチローとは性格的にかけ離れた城島が入ってきた。しかも華々しいデビューのしかたでイチローよりも脚光を浴びた。
ここにイチローのバッティングを狂わせる要因がある。だから皮肉なことにイチローの成績は城島のそれと反比例するということになる。
とすれば、マリナーズのオーナーは何ともデリカシーに欠ける下手な人事を行ったものだ。
ところで筆者はイチローの、他の誰もかなうことのないプレーの美しさと、この人間くさい繊細な精神構造に大いに魅力を感じている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

今年6月に3割6歩をピークに一気に7月8月急降下のイチロー。3.25の現在からすれば3.02の何年か前の記録に収まる不調ぶりです。つい最近まで西地区逆転優勝に燃えていたイチローが果たして同僚の城島選手にやきもちを、なんて到底そんな低次元のことで不調だなんで言って欲しくないです。昨年までの監督との野球概念の違いで不仲説があったが、チーム全体の野球観のレベルの低さでの孤独感での不調があったかもしれないが、今年は地区優勝の可能性に少なからずイチローのコメントではハッキリ燃えていました。ましてや、イチローの勝負哲学ではワールドベースボールクラシックで見せた勝負へのこだわりで見せた激しい感情。優勝を目指すからこその、ふがいないチーム事情、監督とのあつれきを生んだのじゃないですか?そして今年優勝の可能性がでてきたからこそ、優勝への熱いコメントを発したのじゃないですか?そんな時期に果たして城島選手にそんなちっちゃなことで不調になりえますか?打ってはいけない球を身体が自然に反応してヒットしたことが調子を狂わせた原因と、言ったことがあるイチロー。それほどの彼のコンピュータに又、新たな狂い、障害が発生した、と見るのが我々素人の妥当な判断ではないでしょうか。それは、またシーズン終ってから明かすことでしょう。いつも派手な野球ばかり追い求めるメジャーで日本式の緻密な野球の優秀さを示すためにも、ワールドベースボールクラシックで見たふがいないアメリカチームが物語っているように大ざっぱな野球をギャフンと言わせるためにも、せこいイチローと言ったアメリカマスコミを見返すためにもイチローのさらなる進化を期待するイチファンなのです。
【2006/08/16 23:34】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://t44.blog27.fc2.com/tb.php/21-954673ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。