カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチ「阪神偏重報道」
プロ野球が開幕して2週間。毎日3時間前後、テレビ観覧席の常連客になっている。スタジアムへもすでに1度足を運んだ。こんなプロ野球好きの筆者だが、スポーツ新聞は滅多に買わない。住まいが関西だから、1面が阪神記事で占められるのはしかたがないとあきらめている。しかし2面・3面も同じように阪神記事ばかり、という状況には当然不満を感じる。が、それさえこの頃は少し慣れてきた。だがだが・・、更にめくって4面にまで「鳥谷云々、桜井どうの」と書かれると、怒りを通り越してあきれてしまう。もちろんその分、わが千葉ロッテをはじめ他のチームの情報は、一般紙と変わらないくらい少ないのだ。同じ関西球団のオリックスでも同じだ。
関西キー局のテレビやラジオは、もはや堂々と、「阪神応援団」を自認し、公言している。かつて、報知新聞、読売新聞を「巨人の機関紙」となじり、日本テレビの野球中継を「巨人びいきが目にあまる」と批判したのは誰だったのか。
今の時代、あらゆる社会現象はメディア、とくにテレビメディアを抜きには考えられない。メディアが人気を演出し、大衆がそれに準拠する。そして相乗作用が積み重ねられる・・・。それの恐さはこれまでにもこのブログで指摘してきたが、単にたかがスポーツのこと、というだけではすまないような気がする。
他地方へ行って、「野球が好きだ」というと、必ずといっていいほど「阪神ファンでしょう」と言われる。その単純さにあきれはするが、同時にメディアの助けなんかまったく借りず、(千葉ロッテの前身は毎日オリオンズで毎日新聞社がオーナーだったが、新聞では一切ひいきをしなかった)一人一人のファンや市民が盛り上げていった千葉ロッテのファンであることに誇りを感じる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://t44.blog27.fc2.com/tb.php/35-ff5a6fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。