カジュアルしゃかい学
ものごとの是非を語るより、議論の交通整理を試みたい。世の中どうもかみ合わない、ポイントのずれた議論が多すぎるように思うので。
プロフィール

ララオさん

Author:ララオさん
1947年生まれ 公立中学校教員 50年来の千葉ロッテマリーンズ(元毎日オリオンズ)ファン

にほんブログ村

一日一回クリックしてください!

にほんブログ村 ポータルブログへ にほんブログ村 スポーツブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチ東京、新旧交代 (その1)
<パソコンのトラブルでしばらく記事が書けませんでした。今まで読んでいただき、またページを開いていただいた方申しわけありません。パソコンを購入し、ブログ再開です>
 今阪神球団は深刻です。日本シリーズで惨敗したから? いえ。では村上ファンドに大量の株式を持たれたから? いえ、それも違います。阪神の深刻なピンチは「巨人の威光の衰え」にあります。原監督が返り咲き、一時的な息の吹き返しはあるかも知れませんが、戦力の低下はすぐには回復せず、人気の点でもかつての隆盛は望めそうにありません。 そこで困るのが阪神です。阪神の人気の基はその古さにもありますが、主には、巨人と常時対峙できる関西唯一の球団という点にあります。そこには首都をもっていかれた大阪や京都の東京に対する怨念があるのです。また東京を権力の象徴ととらえることから、庶民の中に潜在する反権力の感性がマッチして、アンチ権力、アンチ東京、アンチ巨人イコール阪神がんばれ!になったものと思われます。
 さて、その巨人が低迷し、それが続くとすれば阪神はその存在価値を失ってしまうのです。よく阪神の御用解説者が「巨人が強くなければ面白くない」と述べていることに阪神の相対的な立場がよく表われています。しかも罪があるのはこの構図(巨人阪神対決)がプロ野球人気の根本だという古き事大主義にしばられていることにあります。
 でももうこういう構図でアンチ東京、アンチ権力のカタルシスを得るのはやめる時期に来ているのではないでしょうか。アンチ東京はもっと本気で、もっと大きな仕掛けで打って出る必要があると思うのです。
 その点については次回に。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://t44.blog27.fc2.com/tb.php/8-2b63e094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。